オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

狭小住宅の流行

屋内設備

広い郊外に庭付き一戸建てを建てるのが憧れであるということは、今も昔も変わりません。
しかし、通勤や通学等のことを考えたときには、都心部に住むほうが圧倒的に便利であるということに多くの人が気がついています。
それゆえに大都市にはマンションが所狭しと立ち並んでいます。
そんな中、さらに都市の中心部に狭小住宅を建てて住む方法や古いビルをリノベーション・リフォームして住まう方法が、オシャレに敏感な若い世代に流行しています。
一階をカフェや居酒屋にして経営し、二階を住居として住まうという方法が一つです。
あるいは、個性的なリノベーションやリフォームを行い、新進気鋭のアーティストやアパレルショップ・ファッション小物の販売を手掛けるオーナーに、貸し出す方法も急増しています。
最近では、起業する若者も増えているのですが、考え方が非常に柔軟です。
テナント料を節約するために、一つのフロアを分割して使用するのです。

また、普段は本業のビジネスを行いながらも、週末はクラブに変身してパーティーを行える空間として使用する方法をとっているオーナーもいます。
このように、狭小住宅とは言えども、使い方は多種多様です。
単なる住居として考えた場合は、やはり工夫はしても狭いものです。
住めば都とは言えども、広いワンフロアにかなうものではありません。
この点をクリアするほどの魅力が必要です。
その地の利が最大のメリットであり、縦に長いということを最大限に利用するのです。
もし、現在の狭小住宅に不満があるのなら、思い切って狭小住宅のリノベーションやリフォームの経験豊富な建築家に相談することをお勧めします。
商業用にしたほうが利益が望める物件なら、商業用にして賃貸か販売にしてしまい、自分はマンションに移るという方法があります。
不動産は一つの財産であるということを踏まえて、上手に運用していくことです。
そのためには、専門家の知恵を借りることでうまくいくことが多いものです。